バルボフィラム エキノラビウム

194 2021年3月 バルボフィラム エキノラビウム
Bulbophyllum Bulb. echinolabium

7花目を投稿

昨年に続き開花しました。 知らない間にあっという間に開花しました。 臭いがあります。 上下でそのまま測っても30㎝以上あります。 人が立っているようで面白い形です。

インドネシアの標高600~1200m程度の山地に自生する着生蘭。多年草。草丈は40~70cm。偽鱗茎は卵形で横に繋なり、長楕円形の葉を1枚頂生する。葉は革質で幾分光沢を持ち、中央部分で中折れ状となる。

3~5月頃、長い花茎を伸ばし、その先に1個の星型花をつける。上萼片は上方に長く伸び上がり、側萼片は下方に長く下垂する両者を併せた長さは40cmに至るという。

花色は個体による変化がある。本種の花の大きな特徴として、唇弁に赤褐色の長い刺状の突起物を紐状に下垂することである。とてもランとは思えないような花姿であるが、開花時には異臭を放つことでも知られている。

花の後ろに見えている緑は、次の花芽で、1花ずつ長期間にわたって咲くので、長期間楽しめる。開花時期は春~夏。栽培は容易。高い空中湿度と適度な風を好む。

次の花がやっと開花したと安心していたら、あっという間に萎れてしまいました。 気温が高かったのか。 次の蕾に期待。 4月9日。 3花目は4月下旬に開花。 上下で40㎝ありましたが4-5日で萎れました。 しかしまた次の花芽が出てきました。

6花目、7月4日撮影。 まだまだ咲きそうな勢いです。
7花目 7月21日撮影 サスガに元気が無くなってきました

フラグミペディウム ロンジフォリアム

104 2021年7月 フラグミペディウム ロンジフォリアム
Phragmipedium Phrag. longifolium
以前からある株でなかなか開花しなかった。 葉っぱに病変が出ているが、なかなか治りません。 株の元気は良いが、花茎が短いので見栄えがしないです。

エクアドル交配

パフィオペディラム philippinense x Susan Booth

320 2021年7月 パフィオペディラム  philippinense x Susan Booth
Paphiopedilum Paph. philippinense x Susan Booth

何故か分け株でもないのに同じ株があります。 こっちは3花しか咲かなかったが、次のバルブが大きいので、期待できます。

ドラキュラ ベラ マウントレイニア

44 2021年4月 ドラキュラ ベラ マウントレイニア
Dracula Drac. bella ‘Mt. Ranier’ AM/AOS, HCC/OOS

しばらく咲かなかったら、花茎がどんどん出てきました。 花も大きくて、大きい方は23㎝、小さい方でも21㎝ありました。 蕾はまだまだ3-4個あります。



5月9日、ぎっしりと開花しました。 最初の花は萎れていますが、5花と未開花の蕾が一つ。



一番大きな花は、25㎝近くありました。










7月に入ったと言うのに、また開花しました。 さらに蕾もまだあります。 良く咲くとは聞いていましたが、それにしても良く咲く。 7月4日撮影

パフィオペディラム philippinense x Susan Booth

124 2021年6月 パフィオペディラム  philippinense x Susan Booth
Paphiopedilum Paph. philippinense x Susan Booth

4花+4花で完全開花したので撮り直しました。それなりに見ごたえがあります。 OOS6月例会出品。 努力賞。 人気投票は出品数が少なかったせいもありますが、それでもダントツのトップだった。これは純粋に嬉しいです。

Paph. philippinense x Susan Booth 5月撮影

フラグミペディウム ワリシー ‘フェンネル’

178 2021年6月 フラグミペディウム ワリシー ‘フェンネル’
Phragmipedium Phrag. wallisii ‘Fennel’ x self

南米北西部産 花弁が50㎝近くあります。 このまましばらく持ってくれると良いのですが。 最初の花は少し枯れてきたが、最後の花が開花してきました。 花弁は伸びている途中です。 1日に10㎝ぐらい伸びます。

ブラッソレリオカトレヤ キーウィー メンデンホール

229 2021年6月 ブラッソレリオカトレヤ キーウィー メンデンホール
Brassolaeliocattleya Blc. Keowee ‘Mendenhall’ AM/AOS

2花茎2花咲いたが、最初の花は写真を撮るまでもなく萎れてしまった。 2番目の花はその後かいかしたが、花弁の模様は、最初の花の方が奇麗だった気がします。 いずれにしてももう少し株をしっかりさせないとダメです。

レリア テネブロサ ‘SN-B’

227 2021年6月 レリア テネブロサ ‘SN-B’
Laeia L. tenebrosa tipo ‘SN-B’

昨年と全く同じタイミングで開花。 今回は水が少なかったのか、綺麗に開花しませんでした。 昨年もすぐに萎れたし、長持ちしない花の洋です。 3+3花。

パフィオペディラム  ウトガード

75 パフィオペディラム  ウトガード
Paphiopedilum Paph. Utgard

2021年2月、毎年必ず咲く花です。 これも10年以上経ちます。
glaucophyllum x chamberlainianum

Paph. Utgard

4月になって、また開花しました。 次々と開花していきます。

5月にツインとなりました。

カトレヤ ロディゲシー ‘ジョニー’

234 2021年5月 カトレヤ ロディゲシー ‘ジョニー’
Cattleya C. loddigesii ‘Johnnyi’ AM/JOS

“ロディゲシーはブラジルの東南部に自生するカトレヤです。 白色や空色もあるようです。 かわいい花です。